ほうちゃんの日記・感動

食・農・暮らしの気づきでストレス解消、平和で心豊かな日本に!

スポンサーリンク

山村に自生するモチツツジが綺麗です。花言葉は「愛の喜び」

f:id:kandou:20190517131743j:plain
f:id:kandou:20190517131907j:plain
f:id:kandou:20190517132007j:plain
秋に斜面の草刈りをする時に刈り取らずに残しておきました。
この淡いピンク色の山ツツジの名前を知らなかったので、Web検索しました。
葉っぱに毛が生えており、ネバネバします。ピンクの花弁に真っ赤な模様があります。

【モチツツジとは】Webより
伊豆半島以西の本州及び四国に分布する日本固有のツツジで、林の縁や崖など日当たりの良い場所に自生する。葉や茎がネバネバし、触れると指が貼り付くことから、餅あるいは鳥もち(黐)に擬えてモチツツジと名付けられた。
f:id:kandou:20190517190634j:plain
f:id:kandou:20190518190800j:plain
f:id:kandou:20190518190609j:plain
・ネバネバの理由は木全体に毛が多いこと。毛は葉茎に限らず、花の付け根、萼、子房、果実などにも生じ、虫の攻撃から身を守る。

おまけ★アザミの花も綺麗です。
f:id:kandou:20190517132121j:plain

スポンサーリンク

しあわせは いつも自分の心がきめる(相田みつお)