ほうちゃんの日記・感動

食・農・暮らしの気づきでストレス解消、平和で心豊かな日本に!

スポンサーリンク

DIY★半田付けのコツ★部材をあたためること

f:id:kandou:20200530221316j:plain
YouTubeで偶然見かけました。
この方(DIYをめぐる冒険)の知識と挑戦・冒険意欲に感動しました。
https://youtu.be/qngJOAkfJY8
半田付けのポイントは、部材を暖めた所に半田を流し込むでした。
20年くらい前のFAX電話の子機の充電池がだめになったままでした。固定電話は、滅多に使わないし、かかってくるのはセールスかアンケートくらいなので子機はほっていました。昔カメラに使っていた古いニッカド充電池があったので、YouTubeを参考に半田付けしてみました。うまくくっつきました。復活、感謝!
洗濯バサミを猫の手と名付けているのもすごい、役に立ちました。知恵を絞ることの大切さを学ばせていただきました。

数十年前にホームセンターで購入した半田こての説明書には、くっ付け方の記載はありません。知ってるか知らないかで全然違いますね。f:id:kandou:20200530220124j:plain

山村のめぐみ★野イチゴ★エンドウ豆

f:id:kandou:20200527205628j:plain
野イチゴ。秋の草刈りの時に刈らずに残しておいたまさに自然栽培です。
ヨーグルトをかけて高齢の両親のお昼ご飯のデザートにしました。

そしてエンドウ豆、イノシシやアライグマの被害を受けない作物の一つです。9月下旬に種を蒔いてあとはそのままに。イノシシに回りを掘り返されましたがなんとか収穫できました。
豆ご飯や味噌汁、煮物などに使っています。収穫後はすぐに皮をむいて生のまま冷凍しておいて長期間使用しています。
f:id:kandou:20200528140813j:plain
イノシシ、アライグマなどの獣害被害を受けなかった作物に絞って山村の畑をなんとか維持しています。タマネギとそら豆が収穫期です。5月はじめに蒔いたインゲン豆、落花生、オクラが芽を出しています。

※参考 ・イノシシ、アライグマの被害を受けていない作物
★夏場は、落花生のほかインゲン豆、オクラ、ピーマン、ミニトマト
★秋から春にかけては、ダイコン、エンドウ豆、ソラマメ、ニンジン、タマネギ。

思いきって一年前にトタンや網の柵を取っ払ったので、草刈りもしやすく、見た目もよくなりました。生き物との共生は大切だと思うように自分に言い聞かせています。

APNロックされたドコモのスマホAQUOS SH-01F 格安simを親機にしてumidigiA3ヘテザリング

5年以上前に購入したドラクエ仕様のシャープAQUOS SH-01F・ドコモのsimフリースマホは、APNフリーでないため格安simではブルーツースやwifiの親機として使用できないように仕組まれています。
f:id:kandou:20200527001721j:plain
f:id:kandou:20200527080805j:plain
愛用のシャープのアクオスsh-01fはアンドロイドのバージョンが4.2なのでメルカリや楽天上新電機などのアプリ更新ができなくなってきたため、2018年の12月に格安スマホumidigiのアンドロイドバージョン8.1をアマゾンで9000円くらいで購入して使ってきましたが、入れているゼロsimが8月末で終了するとの連絡があり、sh-o1fをテザリングの親機にする方法がないか、ここ数日、検索していろいろ試していました。

★やっとさきほど、ブルーツースで繋ぐことができました。親機にpdanet+アプリを入れて、子機に PdaNet Tabletアプリを入れました。web検索の説明どおりにしましたが、使用できませんでした。かなり以前の書き込みだったので、pdanet+アプリ5.22 を古いバージョン4.18に入れなおしたところ繋がりました。やれやれです。
シャープのsh-01fは5年以上使用していますが、電池の持ちもよく使い慣れてお気に入りなのでもうしばらく使用しようかなと思います。ブルーツースは省エネみたいなので、起動したままでも電池の減りはあまり影響ないみたいてす。1枚の格安SIMスマホ2台使えてありがたい。
※sh-01fのsimカードのサイズがマイクロで、umidigiA3はナノなので互換できなく残念です。

★参考にさせていただいたweb
rezv.net
s.kakaku.com
pdanet.jp.uptodown.com
※参考
テザリングは英語で「tetherテザー(つなぐ)」を意味する動詞の現在進行形で、スマホや携帯をアクセスポイントとして、パソコンやタブレットをインターネットに接続する機能をさします。

山村でもスマホで視聴できます★NHKラジオ「聴き逃がし」はありがたい

日本各地の★「学校給食食べ歩記」で超有名な★吉原ひろこさんが昨日5/14生出演。
NHKラジオ第1 武内陶子のごごカフェ
★らじるの「聴き逃がし」で聴いています。ありがたい。給食の歴史、市町村ごとのユニークな給食の取り組み紹介や楽しいやり取りが最高です。
5/21まで無料で聴けます。視聴おすすめします。
らじる★らじる
https://nhk.jp/radio/?p=3854_04_638799
nhk.jp
https://drive.google.com/open?id=1rLS8BhF1sZa1YsbBam0zd0e2gq9G6uoj
※吉原ひろこさんには、イベントでお世話になりました。
※読むらじるより
武内アナ: なぜ、学校給食を食べ歩こうと思ったのですか。
吉原さん: 教員を辞め、料理研究家になって、農業の現場を知りたいと三重県に移住しました。2000年に入ると「米飯給食」が推し進められ、その流れで給食レシピ考案のオファーがありました。教員をしていた神奈川県の横浜と、出身の長崎県佐世保市の給食しか知らなかったので、改めて全国の現場、子どもたちの反応を見たいと思ったのがはじまりです。
武内アナ: 地域によってメニューの違いはあるの。
吉原さん: 昔はパンが中心だったので、全国的に同じようなメニューでしたが、「米飯給食」になってから地域性が出てきました。
武内アナ: ごはん給食だと、おかずのレパートリーも増えますね。
吉原さん: やはり地元でとれる食材、地元の文化に基づいたメニュー作りをしているのが目立ちます。たとえば、北海道では鮭を使ったメニューが多く、給食調理場には3枚下ろし鮭を焼くための鮭焼き機があります。また、コメどころ新潟県三条市は、週5日米食だそうです。牛乳は、ごはんに合わないということで出さないそうで、その代わり、牛乳のカルシウムはおかずで補っているそうです。
www.nhk.or.jp

高齢の両親の定期診察のため医療センターへ。

延ばしていましたが、定期診察へ。入り口前にテントあり、体温と問診票に記入。

検体検査のあと主治医の診察、「PSAの数値も落ち着いており、糖が多く出ているので甘いものを少な目にして、コロナに気を付けてください」などアドバイスを受けました。

通常より、2~4割、車も人も少ない感じでした。喫茶コーナーは営業していました。
f:id:kandou:20200514135413j:plain

スポンサーリンク

しあわせは いつも自分の心がきめる(相田みつお)