ほうちゃんの日記・感動

食・農・暮らしの気づきでストレス解消、平和で心豊かな日本に!

スポンサーリンク

国道沿いの雑草・ススキ★フリマでゲットしたコンデジで撮影

国道沿いの雑草・ススキ

もったいないので使ってみました。
フリマでオールドレンズを落札したときにセットになっていたおまけの富士フィルムコンデジT500
12倍ズーム24mm~288mmF3.4~F6.9
40cm(標準)5cm(マクロ)SDカード
2013年発売 137g

薄くて小さくてポケットに入ります。落ち着いた赤色も気に入りました。
↓ススキはけっこう強い風に煽られて右に左に揺れていました。


↓写真だときれいですが、歩道にせり出しており自転車に当たります。

コンデジでボケを使いこなすのはけっこう難しいです。今後挑戦して楽しみたいと思います。小さいのに広角24mmから望遠288mmまで撮れるレンズが付いているのだからすごいです。中望遠110mm位(上)と広角側24mm(下)で撮ってボケ方をみました。

↓望遠側288mmで試写
https://photohito.com/photo/11461508/
↓広角側24mmで試写
https://photohito.com/photo/11461511/

ボケを楽しむ★MD28mmF2



42年前(1980年7月)に購入、大切にしてきた明るいF2のレンズです。最短撮影距離30cmでのボケがお気に入りです。
★以下すべて絞り開放F2で撮影しました。
ナンテン 絞り開放F2

マイクロフォーサーズ一眼に装着すると焦点距離が2倍になるので画角56mm相当のレンズになってしまいます。ほとんど使っていませんでした。
↓てんとう虫とセイタカアワダチソウ

久し振りにカメラ散歩に連れ出して、開放F2のボケを楽しみました。やっぱり明るいレンズはキレイに写ります。当時定価57000円だったのを美品中古品で4万円位だったような記憶があります。購入日はテプラで貼り付けてあります。
道端の草花を乱写してボケを楽しみました。
↓渋柿・絞り開放F2

エノコログサ・絞り開放F2

↓オオセンナリ・絞り開放F2

ホトケノザ・絞り開放F2

↓キバナコスモス 絞り開放F2

↓笹の根っこ・絞り開放F2

↓葉脈・絞り開放F2

↓フジバカマ・絞り開放F2

カタバミヒメツルソバ・絞り開放F2

↓風景写真もきれいに写りました。
 絞り開放F2

https://photohito.com/photo/11455241/

DIY★ジャンクレンズのマウントをリバースリングアダプターに

www.13d.flt1195.com



↓取り外したマウントにフィルター枠をグルーガンで貼り付けただけのリバースリングです。

フリマでポチったミノルタAF100-300mmは中玉カビレンズでした。分解に挑戦してみましたが、レンズがユニットみたいで難しくてカビ取りを諦めてしまいました。

何かに活かせないか、ミノルタのAマウントは簡単に取り外せます。
リバースリングアダプターにすることにしました。

取り外したマウントにフィルターの枠をグルーガンで貼り付けただけです。

ソニーα55は、Aマウントなので、18-55mmのズームレンズを逆さにして試写してみました。オートなので絞りリングがなくそのまま使うと最小絞りになるので、マイクロフォーサーズのアダプターを付けました。フードみたいです。爪楊枝などを詰めて絞りの爪を固定する方法もあります。

ソニー18-55mmを逆さにして撮影してみました。カメラはAPS-Cソニーα55
絞りは開放です。
❶は普通に最短撮影(55mm側マクロ)
❷は逆さ55mm
❸は逆さ18mm
広角になるほど拡大倍率がすごく大きくなります。

マイクロフォーサーズのアダプターを付けると絞り調整ができます。フードのかわりにもなります。

※追記 日中撮影してみました。
↓雑草イヌタデの花蕾 F5.6 1/320 ISO800 ズームの35mm換算50mm位で逆さ撮影

↓以前は純正アクセサリーとして販売されていました。

ニコン用とキャノン用は今も販売されています。
www.kenko-tokina.co.jp

もみじ狩り

介護施設に入所している101歳の母への届け物をしたあと名刹延命寺へもみじ狩りに。太陽光を浴びて輝いていました。

池に落ちる葉によって水面に写る画像が揺らぎます。なんとも不思議な光景でした。


↓この池で撮影しました。
 
↓太陽光を浴びると鮮やかに

↓天然記念物樹齢千年・夕照もみじ

↓鮮やかな紅葉に囲まれて安寧を願う地蔵かな

↓山道で自撮りしました。

延命寺から観心寺への山道の山林

面白いです★クローズアップフィルター★マクロ付きでないレンズに便利

クローズアップフィルターを135mmのオールドレンズで使用
↓雑草イヌタデの花 F3.5開放

ミニトマトの花(ストロボ発光)F11

↓菊の花 絞りF11

10円落札したオールドレンズに付いていたクローズアップフィルター★ケンコーPX3
ミノルタMC135mmF3.5の最短撮影距離は1.5mですが、フィルターを付けるとおよそ50cmのマクロ撮影ができました。マクロ付きでないレンズもマクロ付きのように使えます。

フィルターにはクモリのようなシミが半分近くありましたが、撮影してみると影響ないみたいできれいに写りました。びっくり!
オートフォーカスレンズにも使えました。タムロンの初代28-210mmは最短撮影距離2.1mなのですが、クローズアップフィルターをつけると★30cmくらいでマクロ撮影できました。1個持ってると便利です。
↓口径が合わないのでレンズの前にあてがって撮影してみました。広角28mm側30cmくらいで撮影

※追記11/24
老眼鏡を135mmレンズ前にあてがって撮影してみました。これもアリかも。
↓上側の2枚

スポンサーリンク

しあわせは いつも自分の心がきめる(相田みつお)