ほうちゃんの日記・感動

食・農・暮らしの気づきでストレス解消、平和で心豊かな日本に!

スポンサーリンク

数学者・岡潔氏の「春宵十話」 50年前の新聞連載ものだけど、現在にも当てはまりドキッ 

読んでみる価値ありだと思う。およそ50年前1962年毎日新聞に連載されたという数学者・岡潔氏の「春宵十話」(しゅんしょうじゅうわ)の文庫本(光文社)を読んだ。★農薬を使うときれいな農産物ができるが、使いすぎると蜜蜂やチョウも飛ばなくなる。情緒が頭をつくるので情緒を養う教育が大事。情緒の中心は調和。調和が損なわれると心が腐敗する。今の教育は個人の幸福が目標となっている、道義を教えないからだ。教育はゆっくりがいい。★図書館で借りてきた「高野街道の里石道標のガイドブック」を見ていてこの本に巡り会った。★道義に触発されたわけではないが、家の近くのドブさらえをしていたら、通りすぎる人から「ありがとうございます」の言葉をいただいた。★我が家の回りは自然がいっぱい。蜜蜂が飛び交い、アゲハも舞って愛を育んでいる。

高野街道の里石

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-855115.html

スポンサーリンク

しあわせは いつも自分の心がきめる(相田みつお)