ほうちゃんの日記・感動

食・農・暮らしの気づきでストレス解消、平和で心豊かな日本に!

スポンサーリンク

すごい★女医外科医で漫画家さーたりさん

NHKあさイチに出演中です。
★さーたりさん
 某大学病院勤務の消化器外科医。2児の母。アメブロブログ「腐女医が行く!!~外科医でママで、こっそりオタク~」にて外科医の日常から子育て日記、腐女医としてのアニメ・漫画へのあくなき情熱を綴っている。
f:id:kandou:20190524231619j:plain
さーたりさんのおすすめ医療漫画の第一位はブラックジャック、第二位は、メスよ輝け
f:id:kandou:20190524231649j:plain
f:id:kandou:20190524232135j:plain

www.joystyle.net

www.joystyle.net

愛用の軽四が一日車検のため先日タイヤ交換した折りたたみ自転車で高齢の両親が待つ山村へ

f:id:kandou:20190522135456j:plain
f:id:kandou:20190522140215j:plain
片道10km位、南海高野線の複線化で遊歩道となっている軌道跡を三日市~天見まで走りました。

途中、ジャガイモ畑の花が咲いていたり、田植えの準備が少しずつはじめられていました。

天見の氏神さま(蟹井神社)へ立ち寄りました。狛犬と杉の巨木が出迎えてくれました。
新緑がとても綺麗でした。
f:id:kandou:20190522135600j:plain
f:id:kandou:20190522140009j:plainf:id:kandou:20190522140106j:plain
f:id:kandou:20190522174738j:plain


次の写真は美加の台駅近くで。
濃い緑色に見えるのがジャガイモ畑、白い花が咲いていました。
f:id:kandou:20190522140312j:plain

折りたたみ自転車のタイヤ交換を自分でしたものだから、チェーンが外れないか、空気が抜けないか、ブレーキは大丈夫か途中確認しつつ少し緊張しながら走りました。

山村に自生するモチツツジが綺麗です。花言葉は「愛の喜び」

f:id:kandou:20190517131743j:plain
f:id:kandou:20190517131907j:plain
f:id:kandou:20190517132007j:plain
秋に斜面の草刈りをする時に刈り取らずに残しておきました。
この淡いピンク色の山ツツジの名前を知らなかったので、Web検索しました。
葉っぱに毛が生えており、ネバネバします。ピンクの花弁に真っ赤な模様があります。

【モチツツジとは】Webより
伊豆半島以西の本州及び四国に分布する日本固有のツツジで、林の縁や崖など日当たりの良い場所に自生する。葉や茎がネバネバし、触れると指が貼り付くことから、餅あるいは鳥もち(黐)に擬えてモチツツジと名付けられた。
f:id:kandou:20190517190634j:plain
f:id:kandou:20190518190800j:plain
f:id:kandou:20190518190609j:plain
・ネバネバの理由は木全体に毛が多いこと。毛は葉茎に限らず、花の付け根、萼、子房、果実などにも生じ、虫の攻撃から身を守る。

おまけ★アザミの花も綺麗です。
f:id:kandou:20190517132121j:plain

押入れから出てきた未開封のままだった二本の映画ビデオに感動

f:id:kandou:20190516215500j:plain
かなり以前のものだと思います。セゾンカードのプレゼントでいただいたような記憶があります。
メルカリに2日ほど出品していましたが取り下げて見ることにしました。パナソニックテレビデオ2001年製とサンヨーのデッキ1998年製を残しているので作動確認も兼ねて見てみました。

一本は「星空の用心棒」1967年度作品。ジュリアーノジェンマのカラーアクション西部劇。これは見た記憶がありました。
f:id:kandou:20190516215612j:plain

もう一本は「オリバーツイスト」1933年度作品。9歳の孤児の名演技にハラハラドキドキ引き込まれました。白黒ですが、影の演出、フェードの使い方などいろんな工夫が見て取れます。1箇所画像が乱れる部分がありましたが、感動しました。
f:id:kandou:20190516215737j:plain

テレビも地デジ放送になり、画面もきれいになり、DVDだと頭出しも瞬時にできて便利ですが、アナログのビデオも懐かしくていいものです。

スポンサーリンク

しあわせは いつも自分の心がきめる(相田みつお)