ほうちゃんの日記・感動

感動することが多いほど元気が出てストレス解消にも。ひとつでも多くの感動をカメラを通して見つけたいと思います。自己紹介は、プロフィールをクリックし、ユーザー名「kandou」を。http://www.hatena.ne.jp/kandou/

ご冥福を★生涯現役の医師・日野原重明さんが105歳で亡くなられました。

「いのちは時間。時間を大切に」「年齢は勝ち負けではありません。謙虚にそして存分に味わえばよいのです」病気の治し方ではなく、長寿社会を生き抜く知恵を教わった気がすると天声人語に。同感です。
20170719朝日新聞
★「病気にならない15の食習慣」日野原重明先生/劉影(リュウイン)先生の共著 なるほどと思うことが一杯http://kandou.hatenablog.com/entry/2015/08/25/222321

山村をツーリング・折り畳み自転車

愛用の折り畳み自転車で河内長野市の山村へツーリング(20数キロ)。田植えを終えた水田はとても綺麗でした。心が癒されました。
この折り畳み自転車は、20年位前にカタログギフトでゲットした年代もの。60歳を過ぎてから愛用するようになりました。ブレーキのゴム交換1回とパンク修理が3~4回かな、自分でメンテしています。持ち運びバッグもネットで購入しましたが、これはまだ未使用です。


無形文化財(大阪市)に横山ホットブラザーズの ★お~ま~え~は~あ~ほ~か

おめでとうございます。
無形文化財大阪市)に横山ホットブラザーズ★お~ま~え~は~あ~ほ~か

6/10の新聞記事を見て、笑い飛ばして生きていくことが、人として、一番ではと思いました。

数年前から年金生活になり所得に占める国民健康保健の掛金が凄すぎることに驚きました。65歳を越えた今も週2日程度アルバイトしていますが掛金の一部にしかなりません。
ここ数年、高齢の両親(89歳と95歳)の通院に付き添いを続けていますが、検査や薬に頼る前に国民一人ひとりが生きるとは何かを考えることが財政再建の処方箋ではと強く思うようになりました。
今が一番いいのだと笑い飛ばして生きていくのが最高ではないかと思います。

一時間車検は作業途中で現場で説明してくれるのでありがたい。

一時間車検のお世話になって、もう10年以上になるかなぁ。軽四ばかり3台あるので毎年のように車検がきます。
今回は11年目のホンダゼスト、前輪左のサスペンションに使われているアッパーマウントゴムが劣化してガタありで部品取り寄せて交換(約1.3万円)に。ボンネット開けても外からは見えないゴムだったので記念にもらってきました。作業の途中で説明してくれるので、わかりやすくてありがたい。
でも片道(17km)30分以上かかるので、年取って来ると近くでお世話になる方がいいかもと思うようになってきました。
http://fiveupsyaken.com/syaken/

感動しました藤城清治(93)さんの影絵・作品展。

90歳を超え手術してもなお精力的にすばらしい影絵を制作されているなんてすごい。3/13朝日新聞夕刊をみて感動、いよいよ会期5/28が迫ってきた5/25に海遊館となり大阪文化館へ行ってきました。「影絵は光で生まれる。光と影。人生そのものです」と言われるように、影絵との出会いから現在までの作品がずらりと解説付きで展示されており何度も感動しました。
横6m縦3mの大きな「日本一大阪人パノラマ」もすごかったですが、マイケル・ジャクソンやライオネル・ リッチー、スティービー・ワンダーら45人のミュージシャンが歌った「We are the World」が、飢餓に苦しむアフリカの子どもたちを救ったという実話を影絵にされた作品群は圧巻でした。
https://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/35187706.html