ほうちゃんの日記・感動

食・農・暮らしの気づきでストレス解消、平和で心豊かな日本に!

スポンサーリンク

なるほど★無臭化する社会

20190912朝日新聞の耕論
f:id:kandou:20190913092830j:plain
檀蜜さんと発酵学者の小泉武夫さんが登場していました。
★檀蜜さん
社会が臭いに寛容でなくなってきたのは、生活の中の、いろんな臭いが減ってきたせいかも知れません。病院で解剖の助手をしていたとき、加齢臭って内臓からくるものだと痛いほどわかりました。
小泉武夫さん
発酵が進む過程で、においとともにうまみが生じてきます。だからくさい発酵食品はおいしいです。

確かにそうですね★瀬戸内寂聴さん「怖れるもの 死よりボケること」

確かにそうですね。
97歳の瀬戸内寂聴さんの「残された日々」の連載51回目 20190912朝日新聞
★怖れるもの
死よりボケること
あの世があるのかないか、訊かれても答えられないが、近頃ようやく死は無になるのではなく、他界に移るような気がしてきた。
f:id:kandou:20190913092029j:plain

懐かしいなぁ高石ともや★学校で何を習ったの 可愛いいおチビちゃん

岐阜県中津川フォークジャンボリー9/2の朝日新聞記事を見て高石ともやのレコードアルバムを持っていたのを思い出して聞いてみました。「思い出の赤いヤッケ」「生きのこり」「かごの鳥ブルース」など今も心にしみります!
f:id:kandou:20190905125904j:plain
学校で何を習ったの 可愛いいおチビちゃん
学校で何を習ったの 可愛いいおチビちゃん
  ワシントンは嘘はつかないと
  兵隊はめったに死なないものと
  誰も 彼もが自由だと
  先生が僕に話してくれた
学枚で今日習ったよ そういうふうに習ったよ
「学校で何を習ったの」一番だけ聞くことができます。

f:id:kandou:20190905130035j:plain
f:id:kandou:20190905130121j:plain
f:id:kandou:20190905130213j:plain
20190902朝日新聞
中津川フォークジャンボリー
f:id:kandou:20190905132212j:plain
★追記★最近レコードプレーヤーがけっこう売れているようです。
小型のものがいろいろ販売されています。レコードの売上も伸びており、2018年は100万枚以上売れています。f:id:kandou:20190912091038j:plain
king.mineo.jp

久し振りに畑中葉子のアルバムレコード白日夢を聞いてみました。35年前のステレオプレーヤーが動きました。

f:id:kandou:20190830214716j:plain
粗大ごみ寸前になっていたAUREXのステレオ、1984年7月になんばシティの中川無線で79800円で購入したセパレートの大きな木製箱型スピーカー付のもの。プレーヤーもカセットデッキも動きました。オートスタート、終了リターンも機能します。音もソフトな感じ、感動です。

懐かしい畑中葉子のアルバム「白日夢」をかけてみました。後ろから前から、この曲にはしびれます。グラビアヌード写真も付いていて今見ても最高ですね。
f:id:kandou:20190830214758j:plain
歌詞の裏面は素敵なグラビア写真
f:id:kandou:20190830222614j:plain
f:id:kandou:20190830222643j:plain
f:id:kandou:20190830222721j:plain
ペンシルフォトスケッチアプリで
f:id:kandou:20190904222533j:plain
ラジオは最初は鳴っていたのですが、アンテナが壊れているのか受信しなくなりました。残念!アンテナ線を繋ぐとFMだけ聞けました。
dot.asahi.com
www.phileweb.com

公的年金制度の最近の報道を見ていて思うこと

f:id:kandou:20190828223433j:plain
f:id:kandou:20190828222842j:plain
★30年後2割目減りなど公的年金の長期見通しが毎日のようにマスコミで取り上げられています。
★年金受給者の一人として感じることをメモします。
人間誰しもお金に対する欲はあると思いますが、命は永遠ではありません。生き物はみんな生まれてきては子孫を作り死んでいきます。メスの蚊は必死で血を吸おうとし、オスのセミはメスを求めて鳴き続けます。
生き物は食べ物がないと生きていけません。
★生き物に必要なのは何なのでしょうか。お金がすべてではないと思います。
豊かに生きて子孫を残していくことが生き物の使命ではないのかと感じます。
★年金がいくらもらえるかではなく、老後を豊かに生きて子孫にどのように繋いでいくのか。そのために自分は何をして、どのように生きるのがよいのか、国家に何を求めるべきなのか。そういうことを幼い頃から繰り返し教育していくことが必要ではないのでしょうか。自分の人生を振り返って思います。勉強は教えてもらいましたが、豊かに生きることを教わった記憶がありません。
★年金がいくらもらえるかではなく、どうすればお金(所得)が少なくても豊かに生きていけるのか知恵を絞るべきではと思います。
★高齢の両親(92歳と97歳)が山村で暮らしており、お昼ごはん作りや家の周りの草刈り、畑の管理にここ数年、車で30分くらいかけて通っています。獣害被害がひどくて大変ですが、贅肉がとれて身軽になりました。
耕作放棄地が増えています。希望者に農作業ができるようにすれば、老後の生きがい、健康管理にもなると思います。
30年後の年金がいくらになるなど、世界経済の情勢いかんでも大きく変わると思います。右肩上がりの経済成長が続き、こんなにも長生きすると考えもしなかったころに創設された年金制度だから無理があります。豊かで楽しい老後を過ごすことのできる環境整備を、国、行政が国民とともに知恵を絞り共感のできるプランづくりをすべきではと思います。★「お金のかからない豊かな生き方」をみんなで知恵を絞り追求していくことが必要ではと最近のマスコミの年金報道を見ていてつくづくと思います。
f:id:kandou:20190828222922j:plain
草刈りで汗をたっぷり流したあとは100円の発泡酒でも美味しい。
f:id:kandou:20190829180856j:plain

スポンサーリンク

しあわせは いつも自分の心がきめる(相田みつお)