ほうちゃんの日記・感動

食・農・暮らしの気づきでストレス解消、平和で心豊かな日本に!

スポンサーリンク

帰っておいで★やしきたかじん

拡大がとまらない格差社会増税少子化北朝鮮イスラエル情勢、政治・経済の不透明感がいっぱい、「たかじん」さんのような人物が欲しいですね。たかじんカムバック!
★1992年の著書・たかじんが来るぞ!から抜粋
★110ページ総理大臣も大蔵大臣もみーんなウソツキだ。普賢岳の噴火は地方の問題だから金は出せない。湾岸問題には100億ドルも出して国民に増税を強いる。派遣する自衛隊員にはコンドームを公費で支給するという。ピストルとコンドーム持ってカンボジアに何しに行くねん?
★129ページ国会議員というのは寝食を忘れて働き続けてもまだ足りないくらいキツい商売であるはずなのだ。だから魚屋のおっちゃんもすし屋の兄ちゃんもやりたがらないのである。国会議員には高い給料と特権が与えられているのだ。片手間でチョコチョコできるような商売ではない。にもかかわらず、結婚式だ法事だ何だと参勤交代よろしく票に結びつく集まりには地元に帰ってきて、ついでに後援会向けの「国政報告会」をチョロッとやって酒・食事。それで言うことが「政治にはカネがかかる」(じゃかましいわい!もっと正味、国政やらんかい!魚屋のおっちゃん出すぞ!)(バカモーン!一度でええから、庶民と同じ目線の高さで庶民の生活見たらんかい!





やしきたかじんメモリアル
やしきたかじんメモリアルウェブサイト

スポンサーリンク

しあわせは いつも自分の心がきめる(相田みつお)